アフリカ特化コンテンツプラットフォームAfricanStockPhotoが5万米ドルの資金調達

ケニアのスタートアップであるAfricanStockPhotoは、サービスリリース以来、アフリカ大陸全体で100人のフォトグラファーのユーザーベースを獲得し、写真のデータベースも数千規模に拡大した。

Dicky Hokie氏とSitati Kituyi氏によって2015年にサイドプロジェクトとして立ち上げられたAfricanStockPhotoは、2017年2月に一般公開された。AfricanStockPhotoは当事業への集中、写真家の確保、マーケティングに専念するために、5万米ドルの資金調達を実施した。

「我々のプラットフォーム上のコンテンツラインナップは日々拡大しています。一度に複数のコンテンツを購入したいバイヤーからの要望に応えて、販売数量を増やすと、割引を受け取ることができるプランを開始しました。」とKituyi氏は現地メディアに話した。

AfricanStockPhotoは、本当の日常アフリカを描いたイメージのプラットフォームだ。

AfricanStockPhotoのコンテンツは、ミーティングや食事、Uberのようなサービスを利用している人々のような日々の日常に焦点を当てている。これらはすべて、マーケティングの需要が高いコンテンツだが、オンライン上で見つけるのは非常に困難をきわめる。

「アフリカの日々の日常的な活動のコンテンツをオンライン上で見つけることは非常に難しいです。大手ストックイメージプラットフォームのアフリカのコンテンツの大半は、野生動物、部族、貧困といったステレオタイプのテーマに大きく偏っています」とKituyi氏は語る。

収益モデルは一度の販売に対する手数料を徴収するモデルだ。

プラットフォームで行われたすべての売買に対して、AfricanStockPhotoは手数料を徴収している。これは買い手の販売形態によって異なるが、手数料は30-50%の間で設定されている。

「この手数料の設定はより多くの写真家を引きつけるうえで効果的です。ほとんどのストック・プラットフォームは70%を超える手数料を徴収しています。」とKituyi氏は語った。

AfricanStockPhotoは、世界中のユーザーにサービスを提供し、複数の大陸のユーザーへの販売実績がある。

「当社の売上高は控えめながらも成長しており、サービスの成長に集中できています。カテゴリーの増加は、ユーザーのコンバージョンの増加と強い相関があることがわかったので、引き続きコンテンツデータベースを拡大していくことに集中します。そうすれば収益も増加すると確信しています。」と最後にKituyi氏は現地メディアに語った。

——————————————

AF TECH公式note

AF TECHでは、アフリカでビジネスを行う上で重要なニュースをまとめたレポート記事をAF TECH公式としてnoteで特別に配信しています。

アフリカでビジネスを検討している方、アフリカのビジネス環境、市場に興味のある方はこちらも合わせてご覧ください。

ケニアの起業家との交流+新規事業立案インターンを組み合わせた実践型スタディツアーのご案内



AF TECHは、アフリカ内のマーケットとして世界が注目するケニアでの実践型スタディツアーを開催します!

■日程
2018年8月27(月)−9月7日(金)の2週間

■開催地
ケニア(首都ナ​​イロビ)

■プログラム内容
ケニアのスタートアップ、起業家との英語での交流、ディスカッション。現地スタートアップ企業でのフィールドワーク、最後にはCEO及び社員へ英語での事業改善、新規事業案のプレゼン