ラストマイル配送ソリューションを提供するスタートアップDeliveryman

ナイジェリアのスタートアップDeliverymanは、シームレスで迅速かつ安全なラストマイル配送を提供することを目的としたEコマース向けのソリューションを開始した。

今月開始されたDeliveryman.ngは、ラゴスやナイジェリア全土でアイテムを配送する際に企業や個人が直面する困難を解決したいと考えている。

「われわれはバリュードリブンで、超高速の配送組織であり、Eコマース、ソーシャルメディア上での販売、物流企業のラストマイル配送のニーズを満たすことを約束します。」とファウンダーのFreeman Osonuga氏は語っている。

ナイジェリアのEコマース業界は、120億米ドル以上の価値があると推定されており、様々なオンラインプラットフォーム経由で30万件以上の注文がある。しかし、まだまだオンラインビジネスとしては貧弱で、非効率的で利用不可能なサービスが数多くあるという。

Deliverymanは、企業や個人がアイテムの回収や配送を依頼できるプラットフォームを提供する。オーダーがあった時点で、最寄りのライダーが回収・配送作業を行う。

Deliverymanのライダーは、ラゴスのローカルエリアでの経験があるため迅速に依頼に対応することができる。またライダーはヘルメット、ボディーアーマー、ハンドグローブ、膝と肘のガードを完全装備しており、安全にも配慮している。

当スタートアップはラゴスでのみ運営されているが、今年3月にはアブジャにも拡大する予定である。