エジプトのAIアシスタントサービス「Elves」がシード期で200万米ドルの資金調達

エジプトのAIスタートアップであるElvesは、アラブ首長国連邦のEmaar、the Kauffman Fellows Syndicate、ドバイのエンジェル投資家、米国からの多数のエンジェルを含む投資家からシードラウンドで200万米ドルの資金調達を実施した。

Elvesは、米マイクロソフトと米CrowdFlowerによって昨年発表された「human in the loop(人間参加型の機械学習)」手法を使用した、AIアシスタントプラットフォームである。ユーザーはチャットベースでElvesに話しかけることができ、ユーザーが話した内容に返信してくれる。例えば、ドバイ行きの航空券を探してほしいと言えば、ドバイ行きの航空券を探してくれて、提案してくれる。

ElvesのCEOであるカリム氏は現地メディアに次のように述べている。

「私たちの目標は、このサービスにできる限り多くのトラフィックを集め、機械学習させること。そしてサービスをさらに成長させるために優秀なエンジニアを雇うことです。私たちはすでに数百万人にサービスを提供する準備ができています。」

シード資金は、世界中のElvesのサービスを展開するために使用する。ただ、市場に展開するだけでなく、Elvesのコア機能を強化するためにも使用するとのことだ。

ケニアの起業家との交流+新規事業立案インターンを組み合わせた実践型スタディツアーのご案内



AF TECHは、アフリカ内のマーケットとして世界が注目するケニアでの実践型スタディツアーを開催します!

■日程
2018年8月27(月)−9月7日(金)の2週間

■開催地
ケニア(首都ナ​​イロビ)

■プログラム内容
ケニアのスタートアップ、起業家との英語での交流、ディスカッション。現地スタートアップ企業でのフィールドワーク、最後にはCEO及び社員へ英語での事業改善、新規事業案のプレゼン