アフリカの医療課題を解決する医療スタートアップ3選

急速な人口増加。それによる医師不足。アフリカでは医療業界において多くの問題が存在している。アフリカ諸国では遠方からはるばる病院に訪れても他の患者さんで長蛇の列ができており、その日に医療サービスを受けられないといったこともある。

ケニアの例にはなるが、緊急の症状の悪化や事故等が発生した際に、救急車を呼んでも、そこに正しく到着できなかったり、ケニアのひどい渋滞のため到着までにかなりの時間がかかることもある。ケニアでは、Uberの救急車版サービスがでたほどだ。

その他にも、ケニアでは健康保険の加入者数が全人口の5%と、とてつもなく低い数字をたたき出している。病気にならずに、いかに医療サービスにかかる費用をなくすかがかなり大事なのだが、そもそも病気を予防する、もしくは予防のためにお金を使うといったことをしないのが一般的である。

そんなアフリカでどのような医療スタートアップが登場してきているのか。是非とも注目していただきたい。どれもアフリカの医療現場における課題を解決し得るサービスである。

アフリカの医療スタートアップを3つご紹介

Kangpe

ナイジェリア発のヘルスケアアプリ。如何なる地域の人に対しても、必要な医療を受けることを可能にするためにモバイルを用いたチャット形式の診療サービスを提供している。Ycombinatorプログラムから出てきたこのサービスは、モバイルを駆使することで多くの課題を抱える医療分野においてITを駆使することで解決策を見出している。

もともと医師であったkuti氏が友達や患者さんからよくチャット上で症状に関する相談を受けていたことからこのアイデアを思い付いたという。ケニアとガーナにもサービスを展開しており、潜在的に2億4700万人のユーザーがいるという。現在は6万人のユーザーに利用されているという。

このサービスは、ファイスブックのFree basicプログラムとパートナーシップを結んでおり、サービスをインターネット接続なしで利用できる。

Kangpeはこのプラットフォームを通じて、初期の医療サービスの提供。そしてさらに、保険の提供や必要な医療サービスを提供していきたいとのことだ。

Hello Doctor

南アフリカ発のHello Doctorはモバイル一つで医療情報へのアクセスと医師へのアクセスを可能にする。ユーザーは電話かチャットで医師に相談することができる。また、Hello Doctorの提供するヘルスケア情報はあなたにヘルスケアに関する有用な情報を与え、症状チェック機能では、気になる症状を入力するば、可能性のある病気をリストアップしてくれる。その後、すぐに医師とチャット、もしくは電話にて相談することができるサービスを提供している。

同サービスは、ケニアにもサービスを展開しており、上記で挙げたサービスに加え、医療費の貯金と、借り入れのサービスをモバイル一つあれば受けることができるサービスも提供している。

これを可能にしているのは、ケニアのモバイルネットワーク業者であるSafaricom(サファリコム)とアフリカ商業銀行が提携しローンチしたM-Shwariによるものである。このサービスは、ユーザーに対してモバイル上での預金、借り入れを可能にしている。Hello DoctorはM-shwariと提携することによってそれらのサービスの提供を開始するに至った。

ケニアを担当するHello Doctorの責任者は、ケニアでの、M-Shwariが銀行をディスラプトしたように、医療業界もそれらの概念を用いることによって、ディスラプトできるのではないかと考えたという。

ユーザーは約300円ほどの月額費用を収めることによって、医療費の貯金、医療費必要時に借り入れ、さらには、医師との24時間利用可能な相談機能がついている。

また、相談後の処方箋はSMSにて送付され、ユーザーは近くの薬局で処方箋通りの薬を購入するだけだ。

Hello Doctorは本気でアフリカの医療業界に変革を起こそうとしている。

ConnectMed

同じくConnectMedも南アフリカ発のサービスで、ビデオ上にて、実際に会っているのと同じように、診断、処方箋、医師の紹介をしてくれるサービスを展開している。

南アフリカ発のサービスであるが、今年ケニアへの展開も視野に入れている。ケニア進出の理由としては、医師不足の問題、コストや立地によってなかなか医療サービスを受けづらいこと。さらには、せっかく病院に訪れたにも関わらず、医師による診察時間はかなり限られていることが挙げられる。

ケニアにてテスト的に導入したところ、特にお年寄りと若者による登録があったとのこと。お年寄りにとっては、なかなか自分の足で病院にアクセスするのが難しい状況であること。若者にとってはリプロダクティブヘルスや、メンタルヘルスに関する相談が多かったとのことだ。

最初のビデオ診察は無料で受けることができるが、二回目からは、約1200円でビデオによる診察を受けることができる。

今後、ConnectMedは、薬局や、ネットカフェ等でも利用できるように端末にサービスをセットしていく。今後はConnectMedのサービスによって誰もがどこでも診察を利用できる状態を目指していくとのことだ。

最後に

日本でもオンライン上で、医療情報の検索、医師の予約を可能にするサービスは数多く出てきている。医師と患者との情報の非対称性をただすだけでも大きな意味がある。患者自身が正しい情報を知ることによって、未然に病気を防ぐことができるようになるからだ。病気になる前の段階にフォーカスし、必要な情報の提供、チャット、ビデオチャットによる医療サービスを提供しているのが現在のアフリカの医療スタートアップの特徴である。

また、地域によってはなかなか病院に行くことができないエリアに住んでいる人も存在する。そういう人にとっても、オンラインで必要な情報を得ることができ、さらにはビデオチャット等で簡単な診断を受けることができるのは患者にとってすごく安心なことであろう。

今後もオンラインによる医療サービスの向上、医療保険の提供など、これら上記のサービスをきっかけにどんどん新たなスタートアップが登場してくるのではないかと考えている。

もっと知りたい人へ



アフリカのスタートアップ、サービス内容についてもっと知りたい。アフリカでこんなビジネスしてます、こんなビジネスどうですか。アフリカのビジネス環境について知りたい等、なんでもお気軽にご連絡下さい。その他転載お申し付け等のお問い合せもこちらからお願いします。