ケニアFinTechスタートアップレポート

今回はAF TECHとして有料noteで公開している「ケニアFintechスタートアップレポート」をAF TECH上にも転載する形で紹介している。

ここから連載で、ケニア、南アフリカ、ナイジェリアと各国のFinTechスタートアップを紹介していきたいと思っている。

今回は、ケニアのFinTechスタートアップにフォーカスして紹介した。

ケニアでFinTechスタートアップが勃興する背景、それぞれのサービス、資金調達額、それらの中でも特にマイクロローンサービスを提供するスタートアップ、そして最後に今後の動向予想を紹介している。

まだまだ、資金調達額ではその他地域と比べてかなり少ないが、人口が増加し、スタートアップへの環境が整い、結果として多くのスタートアップが登場し、投資が集まるようになれば、中国、インドのような発展を見せる可能性があると筆者は信じている。

目次

・アフリカへの投資額とアフリカへの投資を牽引する3カ国

・世界全体での資金調達額と牽引する中国

・金融サービスを提供するスタートアップによる資金調達額と詳細

・ケニアのFinTechスタートアップ事情

・ケニアFinTechスタートアップの業界マップ

・ケニアのFinTechスタートアップと資金調達額

・億越えの資金調達を行っているケニアのFinTechスタートアップ

・ケニアで期待のマイクロローンスタートアップ

・マイクロローンスタートアップの与信の与え方(Talaの事例)

・ケニアのFinTechスタートアップの今後の動向予想

アフリカへの投資額とアフリカへの投資を牽引する3カ国

Partech Venturesが発表した年間投資額レポートによると、2017年のアフリカのテックスタートアップへの投資額は5億6000万米ドルに達した。これらは、昨年比56%の成長率になる。2016年の77の投資ラウンドに対し、2017年は、124のスタートアップが合計128の投資ラウンドに参加した。

以下は2015年~2017年に渡っての投資額をグラフにしたものである。アフリカのスタートアップへの投資額は年々増加傾向にあるのが分かる。

またこれらのアフリカ域内での投資額は、南アフリカ、ケニア、ナイジェリアの3国が牽引している。上記3ヵ国以下の国々からは倍以上の差がある。

現状投資家が注目しているのは上記3か国である。

大型調達が生まれているのもほとんどが上記3ヵ国からのスタートアップである。

世界全体での資金調達額と牽引する中国

参考までに、PwCとCBI Insightsが共同でまとめたレポートによると2017年の世界全体のスタートアップへの投資額は1640億米ドルであった。そのうちアジア地域への投資額は708億米ドル。多くは中国とインドのスタートアップが牽引している。

2017年に最大規模の資金調達を行ったスタートアップ6社の内、4社は中国のスタートアップによるものであった。

2017年に中国の配車サービスである「滴滴出行」はソフトバンクより40億米ドルの資金調達を実施している。

アフリカでの各スタートアップの資金調達額は、相対的に見ると圧倒的に少ない。

しかし、中国やインドといった人口が多い国が近年急成長を見せていることから、大陸全体ではそれらの人口に匹敵するアフリカもまだまだ成長の余地は大きい。

アフリカ内のスタートアップへの環境整備が進み、投資が集まるようになれば、それらの国のように成長を遂げる可能性は十分あると思っている。

金融サービスを提供するスタートアップによる資金調達額と詳細

さて、アフリカでは投資家はどのようなテックスタートアップへ出資をしているのだろうか。

以下は2017年に出資されたテックスタートアップを分野別に円グラフにしたものである。

上記、2017年の投資額の中で、全体の45%にあたる2億5300万米ドルが金融サービスを提供するスタートアップによる資金調達であった。

_________________________________________________________________________

無料公開部分はここまでになります。note上では500円で販売しています。

上記の続きには、ケニアのFintechスタートアップの業界マップをまとめたものや、ケニアのマイクロローンスタートアップを取り上げて詳細に(マイクロローンスタートアップの与信の与え方等)紹介しています。

興味のある方は是非購入して、読み進めてください。

ケニアの起業家との交流+新規事業立案インターンを組み合わせた実践型スタディツアーのご案内



AF TECHは、アフリカ内のマーケットとして世界が注目するケニアでの実践型スタディツアーを開催します!

■日程
2018年8月27(月)−9月7日(金)の2週間

■開催地
ケニア(首都ナ​​イロビ)

■プログラム内容
ケニアのスタートアップ、起業家との英語での交流、ディスカッション。現地スタートアップ企業でのフィールドワーク、最後にはCEO及び社員へ英語での事業改善、新規事業案のプレゼン