ファッションレンタルプラットフォーム「La Reina」が500 Startupsらから100万米ドルの資金調達

エジプトのスタートアップであるLa Reinaはのオンラインファッションレンタルプラットフォームを提供している。今回、La Reinaは複数の投資家からシリーズAラウンドで100万米ドルの資金調達を実施した。

Ghada Eltanawy氏とAmr Diab氏によって2016年に設立されたLa Reinaは、オンライン上で女性がドレスやウェディングドレスをレンタルできるサービスを提供している。一方、ファッション関連のサービスを提供している企業はオンライン上でドレス等の貸し出しを行うことができる。

今回のラウンドではエジプトでアーリーステージのスタートアップに投資を行う50億規模のファンドであるAlgebra Venturesがリードを務める。今回のラウンドには500 Startupsも参加している。

「我々の優先事項は、数百から数千を超える衣服の取り扱いを行うことです。来年の1月までに取り扱い数を5000アイテムまでに拡大することを目指しています。」と共同創業者のGhada Eltanawy氏は現地メディアに話している。

「La Reinaは、エジプト人が持つファッションに対する価値観を大きく変える最初の大きな一歩を踏み出しています。ファッションのような数十億米ドル規模の産業を後押しするLa Reinaはかなりの注目を集めています。 La Reinaはテクノロジーの発展によって変化しつつある消費者行動の変化を利用しており、そこが我々が注目しているポイントです」とAlgebra VenturesのマネージングパートナーであるZiad Mokhta氏は語った。

La Reinaは、地元​​の投資家に加えて、米国に本拠を置くグローバルベンチャーキャピタルファンド500Startupsからも出資を受けている。

「我々は最初からLa Reinaのチームを見てきており、業界の課題を解決する革新的なアプローチに感心しました。エジプトよりもペインポイントが低いと思われる米国でも同様のモデルが成功しただけでなく、エジプトには毎週、フォーマルな女性の服装が必要な強い社会的圧力を伴うイベントがあるようです。La Reinaがどのように戦略とビジネスモデルを市場のニーズに合わせていくのか注目してください。」と500StartupsのパートナーであるSharif El-Badawi氏は述べている。