エンゲージメント率の高いタクシー車内広告サービスを提供するナイジェリアのスタートアップ「TaxiTV」

ナイジェリアのスタートアップであるTaxiTVはシードラウンドで金額非公開の資金調達を実施した。今回のラウンドはBeta.Venturesがリードを務める。

調達した資金は、サービス展開地域拡大のために使用される。現在はナイジェリアの南西に位置するラゴスでサービスが展開されている。

TaxiTVはUberなどの配車サービスで使われる車両の中にスクリーンを設置し、顧客にエンターテイメントを提供しながら広告を提供する。

タクシー内広告サービス「TaxiTV」

・会社名: TaxiTV

・設立年: 2017年

・創設者: –

・調達額: 非公開

・領域: 広告×シェアリング

・サービス: 中小企業やメーカー向けに新しいチャネルとしてタクシー内広告配信サービスの提供。乗客向けには車内でのエンターテイメントの提供。

・解決する課題: ネット広告を除き、看板広告やペイント広告が主流の新興国ではデータで広告効果を可視化できない。エンゲージメント率が低い。

ナイジェリアのスタートアップであるTaxiTVは、中小企業やメーカーに対して新たなタクシー車内広告サービスを提供している。

同社はすでに、200台を超える車にスクリーンを設置し、広告配信サービスを提供している。現在10以上のブランドと50社以上の中小企業がTaxiTVを通じて広告を配信している。